肝臓に良い食べ物

 

肝臓に良い食べ物とは

肝臓とはエネルギーの代謝と様々な有害物質の解毒を行う器官であり、その性質上、食生活の乱れにより疲労が蓄積しやすい臓器であります。

 

さらに「沈黙の臓器」などと異名を持つ肝臓は多少変調をきたしてもなかなか気付きづらいという点もあり、管理が難しいものです。

 

例えば胃や腸であれば、内部で出血が起これば便に反映されますし、炎症をおこすと痛みを感じるため、多くの異常は発症した際に自覚することができ、その結果早期に病院へ行き異常が発見されるため重度の障害が放置されるということは比較的少ないのですが、肝臓は自覚症状が無いことが多いため、異常の発見が遅れがちです。

 

そんな肝臓ですので、定期的な健康診断はもちろん欠かせないとして、もう一方で肝臓に負担をかけない食生活や異常の予防に力を入れる必要があります。

 

肝臓に負担をかけない食生活はやはり何と言ってもアルコールを控えることです。

 

アルコールは肝臓で水と有害物質に分解され、その有害物質を無害化するという二つの工程を肝臓が行うため、特に負担が集中しやすいのです。

 

これを控えることはもちろんですが、アルコールの分解を促進しながら肝臓の回復にも役立つシジミのエキスを摂取することも大きな効果が見込めます。

 

シジミに多く含まれるタウリンは肝臓の細胞の修復に役立ち、またアルコールの分解をも手助けするため二重に肝臓にやさしい成分だと言えます。

 

アルコールを控えつつ、定期的にシジミを食べたりサプリメントを摂取すると肝臓へのダメージは大きく軽減できるでしょう。

 

食べ物から摂取するのが苦手な人はしじみや牡蠣エキスたっぷりのオルニチンサプリを飲むと良いでしょう。